【安価SS】安価エトワリア昔話【短編集】
▲▲▲全部▼▼▼戻る
1 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2020/12/21 21:37:28 ID:lA4vHb1awC
注:キャラ崩壊、独自解釈、ストーリーのネタバレを含む可能性があります。予めご了承ください。

エロ、グロ、暴力的な内容はNG
安価は基本的に指定レスの直下
選択安価の場合それに従わないレスは安価下

リハビリ的な意味合いで短編安価SSをまったり描いていきたいと思います。お付き合いよろしくお願いします。

< 123
113 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2020/12/31 21:33:57 ID:lNSIVl6Hgc
レン「響の気持ち、すごく嬉しかった。でも私はこのお嬢さんの妹になりたいんだ。」
響「…そうか。……レンがそう言うなら、響はこれ以上ワガママは言えない。レンを応援してやらんとな!だって響は、グズッ、レンの一番のっ!親友だから゛っ!!」ウルウル…
ココア(そんな…、どどど、どうしよう!こんなにカッコよくて私よりも背の高い妹ができちゃったら…。)
レン「ココアお姉ちゃん、結婚して私をお姉ちゃんの妹にしてください。」

レン姫様は屈んでココアに上目遣いで再度告白しました。

ココア(どうしよう…、私が運命を感じた妹は椎名ちゃんだし、でもレン姫様も原因は私だけど真剣に告白してるし、)
ココア「わ、私は…。」

レンの告白に対するココアの答え安価
>>114

114 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2020/12/31 21:52:58 ID:7lkWT7n6JY
レン姫様と椎名ちゃん二人とも妹にしたいとか思っちゃったり、そもそもこれもキョージュちゃんの道具に頼ったものだし、こんな私にお姉ちゃんになる資格なんてありません

115 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/01 22:28:07 ID:dw6dH4./Ln
ココア「どっちも妹に…、(…いや、それはダメだよ!レン姫様は響ちゃんの告白を断ってまで私に告白してくれたんだもん!)」
レン「お姉ちゃん?どうしたの?」
ココア(……考えてみると、私キョージュちゃんの魔法でダンスパーティに参加してキョージュちゃんから貰った道具の力でレン姫様を恋に落として、挙句、椎名ちゃんまで道具の力で妹にしようとした…。私、最低だ…。)ポロポロ
レン「ココアお姉ちゃん?なんで泣いてるの?」
響「おい!どうしたのだ!なぜ急に泣くのだ!どこか痛いのか?」
椎名「わたし、お医者様をお呼びしてきましょうか?」
ココア(こんなに優しい人たちを弄ぶような事をしてたなんて、私…っ!!)
ココア「うわーーーーーん!!お姉ちゃん失格だーーーーーー!!!」ギャンギャン

ココアは魔法のコーヒーカップで人の心を得ようとしていたことへの罪悪感に耐えられなくなり、とうとう大声で泣き出してしまいました。

116 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/01 22:41:55 ID:dw6dH4./Ln
三人に宥められながら、落ち着きを取り戻してきたココアは、あのコーヒーカップが淹れたコーヒーを飲んだ人が恋に落ちてしまう魔法のコーヒーカップだった事、その力でレン姫様は自分に恋に落ちてしまったこと、本当はその力で椎名を振り向かせようとしたこと。全てを三人に打ち明けました。

響「と、言うことは。レンがココアを好きなのはあくまでそのカップの魔法のせいで今レンの本当の気持ちはどこにもないと言うことではないか!?」
レン「え?そんな…、こんなに沸き上がってくる熱いような苦しいような気持ちは…全部まがい物なの?」
椎名「それで私を振り向かせて、魔法の効果が切れたらどうするつもりだったんですか?」
ココア「ごめんなさい!わたし、ただ忙しい日々の中で自分を慕ってくれて護らなきゃって思わせてくれるような妹がいてくれたらって、最初はただそれだけだったのに、まさかこんなことになるなんて。今のわたしには誰かのお姉ちゃんになる資格なんてありません。」グズッ

それから数日、ココアもレン姫様も椎名もみんなすっかり落ち込んでしまいました。

117 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/02 00:42:55 ID:2WVrS7paSD
これを見るのが最近の楽しみ

118 名前:滝川初瀬@ありがたいお言葉をいただき、恐悦至極に存じます。[age] 投稿日:2021/01/02 05:46:27 ID:dw6dH4./Ln
ココア(これはきっと私への罰なんだよ…。もう、誰かを妹にしたいなんて思っちゃいけないんだ…。私はもう、誰かを好きになっちゃいけないんだ…。それなのに、今もまだ…。)
ーーーーーーーーーーー
レン(…どうしてだろう、魔法の力のはずなのに、いつまで経ってもココアへのときめきがおさまってくれない。私の本当の気持ちはどこにあるんだろう?)
ーーーーーーーーーーー
椎名(よくよく考えれば、身分を隠してこの城の使用人になってるけど、実は隣国の王族の家系の私がレン姫様と一緒にココアさんの妹になれば、私の一族にとっても国にとってもプラスになる…。いや、違うよね。本当はただ純粋にココアさんのことが気になってるんだ。)

ココア、レン、椎名(((もう一度チャンスが来ないかな…。)))
キョージュ「良いだろう。もう一度チャンスを与えよう。今日の夜、時計塔の前まで来られよ。」
ココア、レン、椎名(((!!?)))

119 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/02 05:57:10 ID:dw6dH4./Ln
モノクロの魔女の声が聞こえた三人は、すぐに時計塔へ駆け出しました。

ココア「ハァ、ハァ…、あ、レン姫様、椎名ちゃん…。」
椎名「モノクロの魔女が、時計塔まで来いって…。」
レン「ココアも、あの声が聞こえたの?」
ココア「ってことは、二人も?」
二人は静かにうなずきました。その時、

キョージュ「ココア殿、レン姫、そして椎名殿、よく来てくれた。」

頭上からキョージュの声が聞こえました。見上げるとキョージュは高い時計塔のてっぺんに立って三人を見下ろしているではありませんか。

キョージュ「今から三人にはこの時計塔の最上階の展望台まで階段を駆け上がってきてもらう。一番最初にたどり着いた者の恋を成就させよう。ただしその者の想いが本当に純粋な者であるならばだ。嘘や邪心は私の傍にいる者らがすぐに察知する。(三人には見えていないかもしれないが…、)」

120 名前:滝川初瀬@「純粋な者」→「純粋なもの」です。[age] 投稿日:2021/01/02 06:04:33 ID:dw6dH4./Ln
ココア「二人とも、ゴメン。私…負けられない。(私には資格がないかもしれないけど、二人を妹にしたい気持ちには嘘はつけない!)」
レン「それはこっちもおなじ…。(もしこれで私の恋が叶うなら、私の想いは本物…自分の気持ちを確かめたい。)」
椎名「やれやれ、運動は苦手なんだけど。(わたしだけ返事を返せてないし、このままじゃ終われないよね。)」
ココア「じゃあ二人とも、用意はいい?位置について…よーい、ドン!!」

三人は一斉に時計塔の中の階段を駆け上がり始めました。そして<<121が最初に頂上に辿り着きました。

ココア、レン、椎名の中から選択安価


次の更新は1/4の夜になる見込みです。

121 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/02 06:51:37 ID:YTS6C7XpGP
椎名

122 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 03:16:04 ID:e9/jw1s3Ke
三人がスタートしてから30分後。
キョージュ「遅いな…。」

1時間後。
キョージュ「………帰ったのでは無いだろうな?(泣)」

そしてさらに15分後。
椎名「ふぅ、ふぅ…。やっとついた。」
キョージュ「ほう、一番は椎名殿か。しかし…………、時間がかかりすぎでは無いか?」
椎名「私体力無いし。階段ダッシュなんかしたら酸欠になっちゃうから休憩挟みながら歩いて登ってきたんで。」
キョージュ「なら、他の二人はどうした?」
椎名「レン姫様は途中で寝ちゃって、ココアさんは足を踏み外したのか真ん中くらいの踊り場で逆さになってのびてました。」
キョージュ「なるほど…。」

123 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 03:49:37 ID:e9/jw1s3Ke
キョージュ「それでは、椎名殿の望みを聞かせてくれ。」
椎名「…私、実は隣の国の王族の家系で、正統な王位継承者では無いけど。…だからもしココアさんがレン姫様と一緒に私を妹にしてくれるなら、私の国や一族にとっても理想的な結果になる。」
キョージュ「それは建前だろう?」

キョージュは全てを見透かしているかのように鋭く言い放ちました。

椎名「……あはは、やっぱりバレちゃいましたか。…本当はココアさんには私だけを見てほしい、ココアさんが本気で私を妹にしたいなら。でも、平民との結婚なんて、一族が許してくれるはずがない………。だから、…私ココアさんと駆け落ちしたい!どんなに辛くてもココアさんが本当に私のことだけを妹として大事にしてくれるなら、身分も家族も全部捨てて、二人でどこか遠いところで暮らしたい!」
キョージュ「そうか、椎名殿の望み確かに聞き届けた。しかし、私がしてやれるのはあくまで駆け落ちを成功させ、その後の生活を保証するところまでだ。コーヒーカップの件は私にも責任がある。だからココア殿の気持ちを無理矢理動かすような事はしない。…!ちょうど二人も来たようだな。」

124 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 04:01:06 ID:e9/jw1s3Ke
レン「…椎名!」ハァハァ
ココア「椎名ちゃん!!」ハァハァ

二人もようやく起きて階段を登り切ってきました。

ココア「椎名ちゃん…、あの…。」
椎名「ココアさん、聞いてください。実は私は隣の国の王族の家系の娘なんです。だから普通にココアさんの妹にはなれないんです。」
ココア「そ、そんな…。」
椎名「だけど、私ココアさんと結婚したく無いわけじゃ無い。でも、ココアさんには私だけを見ていて欲しい。だから、私と駆け落ちしてください。誰も知らないような場所でずっと二人で暮らしましょう。」

冷たい夜風が流れる中、しばしの静寂の後ココアは答えました。

>>125〜128のIDに使われている数字を全部足した数の一の位が、

0以外の場合、椎名の告白成功
0の場合、椎名の告白失敗

125 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/05 04:02:38 ID:Fee5WCuIxM
どうなるかな

126 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/05 04:08:11 ID:iJkjZZnWWL
続き楽しみ

127 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/05 05:47:47 ID:0mfgJ9rQeL
一体どうなってしまうのか気になる。

128 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/05 07:40:45 ID:pZ0Nf/gmGd
どーだ

129 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 10:12:37 ID:QF3WIXQXWD
5+0+9+0=1「4」

ココア「お姉ちゃんにまかせなさい!」

ココアは椎名の手を取り、時計塔を駆け降りました。

レン「ココア…!」
キョージュ「レン姫、この度はなんとお詫びして良いか…。しかし、コーヒーカップの魔法はもう解けている。レン姫がココア殿を想う気持ちは間違いなく本物だ。私の力でココア殿の記憶を消すことは可能だが。どうする?」
レン「………ダメだよ、そんなことしたら。それに私嬉しいんだ、この気持ちが本物だって分かったから。」

レン姫様の瞳に溜まった涙が今にも零れ落ちるその瞬間でした。

響「レン!!」ハァハァ
レン「…響。なんでここに?」
響「夜中に急に胸騒ぎがしてな、お前の城を目指して飛び出したはずなのだが…。」
レン「響…!」ギュッ

レン姫様は響を抱きしめて、その胸で泣き出しました。

レン「響っ!私の想い、本物だったっ!…だけど、私。」シクシク
響「そうか…。辛かったな…。」
レン「ごめんね…。私、響に今の私と同じ思いをさせたのに…。」シクシク
響「もう良い、もう良いのだ。それに、どんな形でもレンは響のそばにいてくれないと困る。響一人ではどこにも行けないし、どこにも帰れないではないか。」

ゴーーーーーーン
ゴーーーーーーン
ゴーーーーーーン…

レン姫の泣き声をかき消すように時計塔の鐘が鳴り、その音を背にココアと椎名は夜の闇へ消えていきました。

130 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 10:30:09 ID:QF3WIXQXWD
ココアと椎名の二人は朝一番の列車に乗り、二人でなるべく遠くの街を目指しました。

ココア「んぅ…。ふぁ〜っ…」ムニャムニャ
椎名「眠い?お姉ちゃん。」
ココア「えへへ…、ちょっとだけ。」
椎名「ついたら起こしてあげるから、寝ても良いよ。」
ココア「いやいや!私がお姉ちゃんなんだから…、わたしが、しっかり…しないと……。」スヤァ
椎名(ふふ、無理しちゃって。)
椎名「…お姉ちゃん、これからはずっと一緒だよ。」

肩を寄せ合って眠った二人を乗せて、列車はどこまでもどこまでも走り抜けていきました。

やがて二人は遠くの街で結婚し、末永くしあわせにくらしました。

おしまい

>>131、このお話の真の題名安価

131 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/05 10:41:37 ID:X6Ryt7gSoI
純粋なる黒き恋

132 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/05 11:18:36 ID:Y37IpTEghR
次のも楽しみ
これってゆずこや唯みたいに名前だけの登場や、リリスや響みたいな安価で登場したのではないキャラも登場済という扱いなのかな?

133 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 16:53:48 ID:QF3WIXQXWD
安価取得したキャラや物語に深く関わったキャラは選択不可ですが、名前だけの登場や1レスくらいしか登場してないキャラは選択可能です。
現時点での選択不可のキャラ一覧

やさしい鬼合戦の話。
如月、あぎり、ミカン、ゆず、仁菜、桃、楓、ねねっち、トモカネ、シャミ子、クロ、由紀、
純粋なる黒き恋
ココア、烏丸先生、夏帆、レン、キョージュ、響、椎名、

134 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 16:56:19 ID:QF3WIXQXWD
仁菜は落ちフルの仁菜です。

135 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/05 19:55:08 ID:yn1ZFSjHYT
これ、一旦更新止まっちゃう感じ?

136 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 19:56:32 ID:QF3WIXQXWD
私事で非常に申し訳ないのですが、昨年の5月ごろから企画し、準備してきたこちらの安価SSを今日から執筆することにしたので、こちらの更新は今よりもさらにまったりスローペースになりますが、どちらともお付き合い頂けると幸いでございます。

https://kirarabbs.com/index.cgi?read=2789&ukey=0!

137 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/05 20:03:51 ID:yn1ZFSjHYT
続きも楽しみにしております

138 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/05 23:53:18 ID:QF3WIXQXWD
三匹の子豚(仮)
昔、あるところに三姉妹の子豚がおりました。長女の名前は<<139、次女の名前は<<140、末っ子の名前は<<141。三人はとっても仲良しです。
ある時三人はそれぞれ自分の家を建てて自立することにしました。

キャラ安価、参戦済みで未登場

139 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/06 00:38:27 ID:12K9t327G8
やすな

140 名前:名無しさん[age] 投稿日:2021/01/06 00:50:48 ID:kRD5vKE8nT
なでしこ

141 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/06 00:53:04 ID:oUaTnfzz0c
宇希

142 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/07 06:45:51 ID:7ZCEPHNqJ9
やすな「よーし!私はソーニャちゃんをはめるための落とし穴を兼ねて地面に穴を掘ろう!落とし穴にハマったソーニャちゃんを鉄柵ごしに眺めながらくつろげるように、いひひひひ…。」
なでしこ「家かぁ…、テントでも良いよね?頑丈でよくしなるフレームと、耐水性、防寒性、通気性に優れたシート、太くて長いペグ…。でもただのテントだと味気ないな…そうだ!」
宇希「二人とも適当すぎだろ。耐久性や耐震性を考えてなるべく頑丈な家を…。ここはやっぱり無難にレンガの家かな?」

と言う事で、やすなは落とし穴とその中に洞穴の家を、なでしこは特殊な機能を持ったテントを、宇希はレンガの家を作ることにしました。

>>143やすなが掘った穴の深さとなでしこのテントの特殊機能安価。

やすなの穴の深さはIDに使われた数字を全部出した数。(0以下の場合は掘ってる途中でソーニャに見つかる。)
なでしこのテントの特殊機能はレスで書いてください。

143 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/07 07:08:23 ID:F/3OXEHuAv
テントの中で他の人をイメージするとその人に変身できる効果

144 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/07 13:06:54 ID:qX5Wj9RvpL
と言うことで、やすなは深さ3メートルの落とし穴を掘り、なでしこは中で他人をイメージするとその人に変身できるテントを作り、宇希はレンガの家をつくりました。三人とも建設にかなり時間がかかってしまいましたが。みんな自分の自慢の家を持てて大喜びです。

やすな「できた〜!!………あれ?穴を隠さなきゃいけないんだけど…。どうやって出れば?」

やすなは自分で掘った穴から出られなくなりました。

145 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/08 13:10:32 ID:dSQREiIK1I
そこへいろんな意味でお腹を空かせたオオカミの>>146がやってきました。

>>146「うふふふふ、子豚ちゃんたちを食べちゃうぞ〜///」

146 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/08 13:16:19 ID:pVOPSHmuYQ
桜衣乃

147 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/08 19:40:33 ID:PFrePhW9x5
これはアカン

148 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/08 19:44:46 ID:efinF41eFL
狼役の安価もうきてたのか…

149 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/11 04:42:03 ID:9Qhu9jGIqN
次の更新は1/13を予定しています。

150 名前:滝川初瀬@お詫び[age] 投稿日:2021/01/13 19:25:07 ID:Cu4wR/DPry
現在、雪の影響と仕事が忙しいため、1/17日まで更新をお休みさせていただきます。
誠に勝手ではございますが、次の更新までの間しばらくお待ち下さい。

151 名前:滝川初瀬@お待たせしました。再開します[age] 投稿日:2021/01/17 19:18:19 ID:lsXa9WnGJI
衣乃「可愛い子豚さんを合法的に食べちゃえるなんて、狼って生き物はなんで役得なんでしょうか///さーて、可愛い子豚さんはどこかな〜?」

オーイ、タスケテー

衣乃「おや?こっちの方から可愛い子の声が聞こえますね。はーい、今行きますよ〜。」

衣乃は最初にやすなが掘った穴にやってきました。

やすな「誰かー!助けてー!!出られなくなっちゃったよー!!」シクシク
衣乃「声はこの穴から聞こえてきますね。どれ、覗いてみましょう。」
やすな「あ、誰か来た…って狼じゃん!!うわぁ〜、食べないで!食べないで〜!!」
衣乃「大丈夫ですか〜?今、助けますから〜。」
やすな(あれ?結構優しそう…。ここは助けてもらった方がいいのかな?)
衣乃(しかし、どうやって助ければ良いのでしょう…。)
衣乃「そうだ!>>152してみましょう!!」

やすなを助けるための方法安価

152 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/17 19:23:17 ID:B4DwaB0Jeg
水を流し込んで浮かせる

153 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/24 21:37:26 ID:ZR6wLBG.Vi
次の更新は27日を予定しています。
今しばらくお待ちください。

154 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/27 19:25:49 ID:0EGg1JIZYR
衣乃「水を流し込めばやすなちゃんだけ浮いてきますよね。ちょうど近くに川がありましたからそこから水を引いて…。」

数十分後

やすな「どっか行っちゃったみたいだけど、助けを呼びに行ってるんだよね…?」

ドドドド……

やすな「?なんか音が聞こえtわぶっ!?」バシャバシャバシャ
衣乃「ふぅ!うまくいきました。水が溜まるまで浮き輪でも用意して待っててくださいね〜!」
やすな(ちょっ、家の中が水浸しだし!そもそもこのままじゃ、溺れちゃう!!…あ、もうダメ。)ゴボボボボ…


衣乃「無事に水が溜まってやすなちゃんだけ浮いてこれましたね。良かった良かった!」
やすな「………。」ちーん…

155 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/27 19:31:40 ID:0EGg1JIZYR
衣乃「やすなちゃん、大丈夫ですか?あれ?ちょ、しっかりしてください!どうしよう、やすなちゃんが息してないです!」
衣乃(ハッ、そうだこんな時は人工呼吸をしなくては!)
衣乃「えへへへへ…これは仕方のない事なんですよ…。じゃあいきますよ〜。私の肺の中の空気をいっぱい送り込んであげますからね〜。///」
やすな(な、なにか言いようの無い悪い予感が!)ゾクゾクゾクッ
やすな「ブッハァッ、ゲボゲホゲホッ!!」
衣乃「あ、…息を吹き返しちゃいましたか…。」シュン
やすな「な、なんで残念そうなの!?(この人やっぱり悪いオオカミなのかな?)」

156 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/27 19:43:45 ID:0EGg1JIZYR
衣乃「あ、でも服がびしょびしょですね!これは乾かさないといけません!さぁさぁ!はやくヌギヌギしましょう!!///」
やすな「う、うわぁぁぁぁぁ!!!やっぱり怖いオオカミだぁぁぁぁ!!!」
衣乃「待ってくださ〜い!服脱いで柔肌を見せろ〜!!///」

やすなは全速力でなでしこのテントへ逃げ出しました。

ナデシコー!!タスケテー!!

なでしこ「?外からやすなちゃんの声が聞こえる?どうしたの〜?って、やすなちゃんがオオカミに追いかけられながらこっちに向かってくる!!」
やすな「なでしこちゃ〜ん!お願い!私を匿って〜〜〜!!!」
衣乃「服脱がせ〜〜〜〜〜!!!///」
なでしこ「大変!早く中へ!!」

なでしこはやすなをテントの中へ入れ、素早くテントのチャックを閉じました。

やすな「ふぅ!ひとまず助かった。」
なでしこ「なんで追いかけられてたのかはとにかく、今は外にいるオオカミさんをなんとかしないと…、」
やすな「テントだとふきとばしやたいあたりで簡単に壊されちゃいそうだしね。」
なでしこ「ふっふっふ、なんとこのテントは中でイメージした人に変身できる機能があるのです!これで>>156に変身してこの場を乗り切ろう!」

二人が変身する人物と逃げる方法安価

157 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/27 19:44:43 ID:0EGg1JIZYR
安価ミスのため、>>156のレスの安価
>>158

158 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/27 19:50:48 ID:sog600MuRC
鬼頭先生

159 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/01/27 20:11:22 ID:0EGg1JIZYR
鬼頭先生に変身してどんな風に切り抜けるか。具体的な方法
>>160

160 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/01/27 20:14:16 ID:XLeLGv5hc4
涙流してガチ説教

161 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/02/03 21:02:02 ID:Mqh3k6R7IT
次の更新は2月7日(日)になる予定です。

162 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/02/07 22:23:34 ID:0qk2.U66uj
なでしこ「私が鬼頭先生に変身して号泣しながらお説教すれば衣乃ちゃんも反省するはずだよ。」
やすな「なるほど!それは良いアイディア!」
なでしこ「じゃあ私は変身するからやすなちゃんは隣で悲しそうに泣いてて、よーし!鬼頭をイメージ…イメージ…イメージ…。」

メリメリメリ…バキッ!バキッ!
ゴキゴキ!グチョグチョ!

やすな「うわぁ!!なでしこちゃんの体が溶けて腕や脚が変な方向に曲がって…!!」ガクガク

ゴポポポ…ジュゥ〜…
…チーン

鬼頭先生(なでしこ)「よし!作戦開始だよ!あれ?やすなちゃん?」

やすなはあまりに異様な変身過程を目の当たりにしてSAN値がゴリゴリに削られてしまいました。

163 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/02/07 22:34:08 ID:0qk2.U66uj
衣乃「やすなちゃ〜ん?早く出てきてくださ〜い?早く着替えないと風邪をひいちゃいますよ〜?出てこないつもりなら無理矢理テントに入って脱がせちゃいますよ〜?」
鬼頭先生(なでしこ)「ちょっと待った〜!!」
衣乃「わぁ!き、鬼頭先生!?」
鬼頭先生(なでしこ)「衣乃さん!そこまでです!やすなさんから聞きましたよ!なんでやすなさんをいじめるようなことをしたんですか!?」
やすな「えーん、えーん。」
衣乃「いやいや、誤解です!私はただやすなさんを助けようとして。」
鬼頭先生(なでしこ)「やすなさんはさっき「衣乃さんに溺れさせられそうになった」とか、「キスを強要された」とか、挙げ句の果てに「追いかけ回されてすごく怖い思いをした。」と言っていたんですよ!」
衣乃「そ、それはやすなちゃんが自分が掘った穴から出られなくなったから水を入れれば浮いてこれるだろうと思って…。」
鬼頭先生(なでしこ)「言い訳なんて聞きたくありません!…グスッ、どうしてなんですか。あなたは人々に笑顔を届けるアイドルのはずでしょう?そんなあなたが…こんなひどいこと…。グスッ、先生はとても悲しいです…。あなたはそんな事をする人じゃ無かったはずなのに…!!」グスン

164 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/02/07 22:41:29 ID:0qk2.U66uj
衣乃(ど、どうしましょう…。とりつくシマもありません。ここは素直に謝って引き下がった方が…。)
やすな(しめしめ、うまくいきそうだね…。)
鬼頭先生(なでしこ)「衣乃さん…。きっとあなたもなにか悩みを抱えているからこんな風になってしまったんでしょう?すみません!私がもっと早く気づいてあげていれば…グスッ。私があなたの全てを受け止めてあげます!さぁ、どんな悩みでも打ち明けてください!!」
衣乃(な、なんだかおかしなことになってきました。どうしましょう…?)

>>165衣乃の行動安価

165 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/02/07 23:02:53 ID:j/TsI30/jM
本気で怒ってくれたことに感激し、こちらも泣きながら抱きつく

166 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/02/16 21:20:40 ID:uGSiBG.C7z
衣乃(そういえば、こんなふうに真剣に私を叱ってくれた先生って初めてかもしれません。)
衣乃「鬼頭先生!私…、私…、うわーーーん!!!」ダキッ
鬼頭先生(なでしこ)(わぁ!いきなり抱きつかれちゃった!いや、動じちゃダメだよね。ここは感動シーンを装いながら一件落着的な雰囲気に持ってって…。)「よしよし、わかってくれたんですね。」シミジミ
衣乃「………?」サワサワ、ギュッギュツ
鬼頭先生(なでしこ)「あ、あの。衣乃さん?その触り方はなんですか?(汗)」
衣乃「この抱き心地…。この柔らかさ…。大人の女性のものじゃない。間違いなく可愛い女の子のそれ。…あなた、鬼頭先生じゃ無いですよね?」
鬼頭先生(なでしこ)「ギクッ!?」

可愛い子を愛でて食べちゃうことに全知全能が特化している衣乃オオカミは抱き心地で女の子のニセモノを暴くことなど容易いことでした。

167 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/02/23 22:10:48 ID:5KJY2nVeV/
ご連絡

二月末までは仕事が忙しいのですが、三月には少し落ち着く見込みなので、それまで更新をストップさせていただきます。誠に申し訳ありませんが、次の更新までどうかもうしばらくお待ちください。

168 名前:名無しさん[age] 投稿日:2021/02/23 22:19:04 ID:pmg96MV5IM
楽しみにしております…!

169 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/07 22:15:14 ID:CN6XD4xExx
鬼頭先生(なでしこ)「な、ななな何を言い出すんですか?でっ、デタラメを言うのは、やめn…やめなさい!!」
衣乃「ふーん…。じゃあ鬼頭先生。やっぱり私、可愛い娘を食べちゃいたいって欲望からは逃れられないので…、」

衣乃「先 生 を 食 べ ち ゃ い ま す ね (は ぁ と)」

鬼頭先生(なでしこ)(ゾクゾクゾクゾクッ!)「ぎゃあーーーー!!!助けてーーーーーー!!!」
やすな「あ!待って!!置いてかないでーーーーーー!!!」
衣乃「うふふ…///ま〜〜〜て〜〜〜〜〜!!!」

あまりの恐怖を感じ、なでしことやすなの2匹の子豚は一目散に逃げ出しました。

170 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/07 22:16:55 ID:CN6XD4xExx
>>169コテハンつけ忘れましたが、私です。
大変長らくお待たせしました。再開します。

171 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/07 22:55:16 ID:CN6XD4xExx
なでしこ、やすな「助けてーーー!!!」

なでしことやすなはレンガでできた宇希の家まで逃げてきました。

やすな「うきちゃん!私達を匿って〜!!」
なでしこ「怖いオオカミが追いかけてくるよぉ〜〜〜!!(泣)」
宇希「なんだって!二人とも急いで中へ!!」

宇希はなでしことやすなを家の中に入れて扉の鍵を閉めました。

衣乃「逃げても無駄ですよ〜?そこのお家に逃げたのが見えました。トントントン、子豚ちゃんたち良い子だから扉を開けてくださいな?」
やすな、なでしこ、宇希「「「とんでもない!絶対に嫌だ!」」」

衣乃オオカミは家を吹き飛ばそうとしたり、体当たりで壊そうとしたりしましたが、レンガでできた家はびくともしません。

衣乃「よーし、それならえんとつから入りましょう!」

衣乃オオカミはそういうと、するすると壁を登って屋根に上がり、えんとつに入ろうとしましたが…。

衣乃「よいしょ、よいしょ…あれ?…あれれ?………まずいです。|||」

衣乃オオカミは狭い煙突に太ももがつっかえて降りることも出ることもできなくなってしまいました。

172 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/08 22:17:22 ID:70E0ugkRKJ
やすな「あのオオカミさん、諦めて帰ったかな?」

エーン、エーン、ダレカタスケテー!

なでしこ「あれ?なんか助けを求めるような声が聞こえるよ。」
宇希「ほんとだ。なんかこの暖炉の奥の方から聞こえるな。」
やすな「ちょっと呼びかけてみよう。」

そういうとやすなは暖炉の奥に向かって話しかけてみました。

やすな「どうしたの〜?大丈夫〜?」
衣乃「あ、子豚ちゃーん。太ももがつっかえてえんとつの穴にハマっちゃったんです〜。」
なでしこ「オオカミさん、えんとつから入ろうとしたんだ。」
宇希「まぁ、自業自得だよな。しばらくそこで反省してれば良いんじゃないか?」
衣乃「それで、このまま抜けなかったらどうしようって心配になったら…、おトイレ行きたくなってきちゃったんです〜!!」
やすな、なでしこ、宇希「「「な、なんだって〜!!!?」」」

173 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/08 22:23:11 ID:70E0ugkRKJ
宇希「冗談じゃない!そんなところで漏らされたらたまったもんじゃないぞ!」
なでしこ「どうしよう!早くなんとかしないと…。」
やすな「で、でもオオカミさんがえんとつから出られたらまた私達を食べようとするんじゃ…。」
衣乃「お願いします〜。助けて下さ〜い。…もう、あまり猶予がありませ〜ん!!」

やすな「わぁ〜!大変だ!!とりあえず>>174しなきゃ!!」

やすな達の行動安価

174 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/08 22:28:07 ID:JHr/wP8y8s
狼もろとも煙突を遠くへ吹っ飛ばす

175 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/08 22:46:00 ID:70E0ugkRKJ
やすな「オオカミさんもろともえんとつを遠くまで吹っ飛ばしちゃおう!!」
なでしこ「なるほど…。」

宇希「え?」
衣乃「え?」

やすな「そうと決まったら早速用意をしなきゃ…。」
宇希「いやいやいや!ちょっと待てよ!!そんなことしたら私の家が壊れちゃうじゃないか!!」
衣乃「いやです〜!!私まだ生きてたいです〜!!思いとどまって下さ〜い!!」
やすな「でも早くしないと大変なことになっちゃうよ?」
宇希「なでしこ!なんか言ってやってくれよ!」
なでしこ「それしか手段がないのだとしたら…、仕方ないと思うな。」
宇希「なでしこーーーー!!」

こうしてやすなは衣乃ごとえんとつを吹っ飛ばすために、

1、暖炉の中に爆薬を詰めて火をつけました。
2、近くを通りかかったジンジャーさんにフルスイングをお願いしました。

番号選択安価>>176

176 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/08 22:50:58 ID:lGps2/W9Wg
2番

177 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/16 20:55:06 ID:tQt.Pa0s59
やすな「あ、ちょうどいいところにジンジャーさんが。すいませーん、ちょっと頼みたいことが、」

かくかくしかじか

ジンジャー「なるほどな、よし急いで煙突を吹っ飛ばそう!どこまで飛んでくかわからないけどいいよな?」
衣乃「良くないです〜。お願い助けて〜。」
やすな「私達を食べようとした罰だよ!」
なでしこ「衣乃ちゃん!なんくるないさ〜ケ・セラ・セラだよ!」
ジンジャー「それじゃ行くぞ!!どっせーーーーい!!」

カキーーーーーーン!!

宇希「あぁーーー!!私の家のえんとつが〜!!」

衣乃はえんとつと一緒に空の彼方までぶっ飛ばされ、

>>178番号選択安価
1、地球を一周して同じ場所に戻ってきました。(物語続行)
2、星になって後にみらとあおと(きれいな方の)イノ先輩に観測され、「イノ」と名前をつけられました。(物語終了)

178 名前:名無しさん[age] 投稿日:2021/03/16 20:56:57 ID:iDxpSHGfot
これは1

179 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/16 21:45:36 ID:tQt.Pa0s59
ジンジャー「いやー、かなり飛んだな。」
宇希「はぁ、えんとつ修理しないとな。」
やすな「元気出して、宇希ちゃん。」
なでしこ「そうそう!私達も修理手伝うから。」

ヒュウゥゥゥゥゥゥ…

やすな「あれ?なんだろこの大きな隕石が迫ってくるような音。」
なでしこ「あ、あっちの方から何かがすごいスピードでこっちに向かってくる!!」
ジンジャー「お前ら危ない!伏せろ!!」

ドゴーーーーーーン!!

衣乃「けほけほ、うぅ…めっちゃ怖かった。」
宇希「あは、あはは。私の家が…。」

えんとつと一緒に吹き飛ばされた衣乃は地球を一周して宇希の家に激突し、宇希の家は粉々になってしまいました。にも関わらず、衣乃の太腿は相変わらずえんとつにハマって抜けません。


https://kirarabbs.com/upl/1615898736-1.png


180 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/16 22:24:01 ID:tQt.Pa0s59
衣乃「す、すみません。とりあえず御手洗いに行きたいんですけど、手を貸してください。」
ジンジャー「お、そうか。じゃあ近くの公衆トイレまで連れてってやるよ。」
宇希「私の家があぁぁぁぁ!!(号泣)」
やすな「宇希ちゃん元気出して。」
なでしこ「今度は私達も手伝うから、三人で一緒に作った家に住もう、ね?」


衣乃が抱えた爆弾は取り払われたものの、相変わらず衣乃の太腿はえんとつから抜けません。

ジンジャー「衣乃、もし反省してるなら今すぐにお前を助けてやる。ただし二度と子豚の三人に手を出さないこと、抜け出したら三人の新しい家づくりを最後まで手伝う事。この二つを絶対に守れるか?」
衣乃「はい、もうしません。家づくりも手伝います。子豚ちゃんたち、本当にすみませんでした。」
ジンジャー「子豚たち、衣乃オオカミもこう言ってるし許してやってくれないか?」
宇希(家壊した張本人はあんただけどな。)
やすな「でも、どうやって衣乃ちゃんを助け出すの?」
ジンジャー「簡単さ。>>181すればいいんだ!!」

ジンジャーの妙案安価

181 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/16 22:31:11 ID:fzyJurxy0j
テントに戻って三人の中で誰でもいいからロコになればいい

182 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/17 21:44:27 ID:Z4V3hTw79G
ジンジャー「お前たちには他人に変身できるテントがあるんだろ?それを使って誰かが関野ロコになればいいんだ。」
衣乃「なるほど!確かにここにロコちゃんが現れれば今すぐにでも飛びつきたくなってこんなところにハマってられません!!」
やすな「えぇ…、でもあれ変身する時体がメキメキのぐちょぐちょになるからなぁ…。」
宇希「え、なにそれ。怖…。」
なでしこ「じゃあ私が変身するよ。」

バリメキョメリグチョ チーン!

ロコ(なでしこ)「これでどこからどうみてもロコちゃんだよね?」
衣乃「きゃーーーー!!ロコちゃーん!!」ウゴウゴ
ジンジャー「どうだ?出られそうか?」(えんとつを必死に抑えてる。)
衣乃「うぅ、もう一息なんですけど…。」
やすな「そうだ!なでしこちゃん、ロコちゃんになりきって何か可愛いことをするんだよ!!」
ロコ(なでしこ)「えぇ!?可愛い事?(うーん…>>183とかかな?)」

なでしこが思った可愛い行動安価

183 名前:名無しさん[age] 投稿日:2021/03/17 21:50:48 ID:GUukP.Lb1n
こはねちゃんの真似

184 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/17 22:11:26 ID:Z4V3hTw79G
ロコ(なでしこ)「ピヨ!衣乃ちゃんを応援するよ!ゴーゴーイノちゃん!」
衣乃「きゃーーーー!!可愛いーーーー!!!」
宇希「おい待て、それはこはねの真似か?」
ロコ(なでしこ)「え?うん。可愛いって言えばこはねちゃんかなって。」
宇希「甘い!こはねはもっとほっとくとどっか行っちゃうようなやんちゃさと困ってる人は絶対にほっとけない優しさを兼ね備えててだな…。」
やすな「あーはいはい、宇希ちゃん落ち着いて。」
ジンジャー「しかしまだ抜けないか…。衣装を変えてみるか?」
衣乃「あ、なら>>185をお願いします。」

ロコに変身したなでしこが着る衣装安価

185 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/17 22:24:08 ID:sfYvJldSQE
パレオ

186 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/17 23:55:25 ID:Z4V3hTw79G
ロコ(なでしこ)「パレオ?水着の上にまくスカートみたいなやつだよね。ちょっと着替えてくる。」

数分後

ロコ(なでしこ)「お待たせ〜」フリフリヒラヒラ
衣乃「あぁ^〜!もう辛抱たまらんです!!」グリグリグリ

すぽん!

衣乃「ロコちゃあぁぁぁぁぁん!!!///」ガバァ
ロコ(なでしこ)「うわぁ!?そんな!!襲わないって約束したのにーーー!!」
ジンジャー「ふん!」カキーン

ジンジャーは懐からピンポン玉を取り出すと衣乃の後頭部に向けてフルスイング!ピンポン玉が当たった衣乃は前のめりに転んでしましました。

ジンジャー「約束は守ってもらうぞ。」
衣乃「うぅ、はい。すみませんでした。」

その後、五人は子豚三姉妹の新しい家を建て、3匹の子豚はそこで仲良く暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

このお話の真の題名安価>>187

安価SSとは言え流石に話の流れがとっ散らかりすぎてオチも投げやりでしたね。年明けから忙しく、他のSSと並行して書いてるとは言え、これは反省しないとです。

187 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/18 08:05:43 ID:uVE0dsunLY
次も楽しみにしています

タイトルは思いつかないので↓

188 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/18 13:50:08 ID:32MAnTWaNp
豚科の猿の災難

189 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/18 21:36:53 ID:ZWt2lDHDXj
現時点での選択不可のキャラ一覧

やさしい鬼合戦の話。
如月、あぎり、ミカン、ゆず、仁菜、桃、楓、ねねっち、トモカネ、シャミ子、クロ、由紀、
純粋なる黒き恋
ココア、烏丸先生、夏帆、レン、キョージュ、響、椎名、
豚科の猿の災難
やすな、なでしこ、宇希、衣乃、ジンジャー、

190 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/18 21:43:29 ID:n7hxg.BL9U
次は何だろう。楽しみ

191 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/18 22:50:32 ID:ZWt2lDHDXj
アラジンと魔法のランプ(仮)

昔々、砂漠の国に>>192と言う少女が住んでいました。彼女は両親を早くに亡くし、一人で細々と暮らしていました。
ある日、「あなたの遠い親戚」と言う隣の国に住む>>193が訪ねてきました。

アラジン役
>>192
魔術師役
>>193

参戦済み未登場のキャラ

192 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/18 22:55:53 ID:nM7ZjL7pJJ
万年さん

193 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/18 22:56:24 ID:n7hxg.BL9U
ノダミキ

194 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/18 23:12:08 ID:ZWt2lDHDXj
万年さん「今日は隣町のコンビニまで出かけられたぞ…。」
ノダミキ「おねーさん、おねーさん。ちょっといいかな?」
万年さん「わぁっ!?なななななんでございましょうか!!?(うぅ、こんな若い子にいきなり話しかけられるなんて…、)」
ノダミキ「そんなに怖がらなくてもいいよ。わたしは隣の国から来たあなたの遠い親戚だよ。あなたが両親を亡くして一人暮らしって聞いたから様子を見に来たの。」
万年さん「は、はぁ。そりゃどうも。(わたしに親戚がいたなんて全然知らなかったな。)」

万年さんは遠い親戚と言うノダミキを自分が住んでるアパートの部屋に招き、世間話をしました。そのうちにノダミキはこんなことを言いました。

195 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/18 23:25:12 ID:ZWt2lDHDXj
ノダミキ「そうそう万年さん、この近くに山のように財宝が隠されてる洞窟があるって噂があるんだけどさ。興味ないかな?」
万年さん「財宝が隠されている洞窟?初めて聞いたな。(あんまり外に出ないから今の流行りとかよくわからないからなぁ…。)それは一体どこにあるんだ?」
ノダミキ「東に少し行った岩山の奥なんだって。」
万年さん「あの…それって5km圏内にあるだろうか?なにぶん私はまだ5km先にあるコンビニまでしか出かけたことがなくて…。」
ノダミキ「えっと…。多分大丈夫じゃないかな?(5km先のコンビニまでなら行ける理由がわからないけど。)」

次の日の朝、二人は財宝の眠る洞窟を目指して山を登り始めました。

196 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/18 23:36:00 ID:ZWt2lDHDXj
しばらく行くとそれらしい洞窟の入り口が見えてきました。しかしそれは少し高めの崖の上にあり、ノダミキはどうやっても登れませんでした。

万年さん「あの、私が肩車して持ち上げようか?」
ノダミキ「でも私じゃ、万年さんを引き上げられないよ。私が踏み台になるから万年さんだけで行ってきてくれる?」
万年さん「分かった!たくさん財宝を持ってくるから待っててくれ。」
ノダミキ「あのね。財宝はいいから奥の部屋にある古びた>>197をとってきてほしいな。あとこれ、困った時はこの魔法の指輪を使ってね。」

>>197
魔法のランプに代わる魔人が住む小物安価

197 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/19 00:11:17 ID:nM7ZjL7pJJ
ダンボール

198 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/21 21:29:03 ID:zkAPkbK4CW
万年さん「魔法の指輪?」
ノダミキ「それを擦ると指輪の精が現れて万年さんを手助けしてくれるんだよ。」
万年さん「なるほど、じゃあ行ってくる。」
ノダミキ(くっくっくっ、上手くいきそうだね。)

万年さんは狭い洞窟の中を進んで行きました。すると奥からキラキラと灯りのようなものが見え始めました。

万年さん「あれが財宝か?」

万年さんが奥の部屋までたどり着くとそこにはたくさんの金貨や宝石、豪華な装飾品がたくさんあり、さらにその奥に祀りあげられるようになんの変哲もない段ボール箱が置いてありました。

万年さん「おお!野田さんの言っていた通りだ!早速このダンボールを…」

万年さんが段ボール箱を台座から持ち上げたその時でした。

ビーッ!!ビーッ!!
[侵入者感知、排除の為この部屋を爆破します。爆破まで10、9、8、7…]
万年さん「ななな何ぃ!?あわわわどうすれば」オタオタ
[6、5、4…]
万年さん「そうだ!魔法の指輪を擦って」コスコスコス
指輪の精(>>199)「お呼びでしょうか?ご主人様。」ボワン
万年さん「た、頼む!助けてくれ!!部屋が今にも爆発しそうで!」
[3、2、1…]
万年さん「ば、バリアを張ってくれ!!」

どかーーーーーーーん

指輪の精役
>>199
参戦済み未登場のキャラ

199 名前:名無しさん[age] 投稿日:2021/03/21 21:30:25 ID:NNgYOqTpwF
るんちゃん

200 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/21 22:02:12 ID:zkAPkbK4CW
その頃、外のノダミキは、

ノダミキ「万年おねーさんまだかな〜…?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!

ノダミキ「え?じ、地震!?わぁ〜!山が崩れる!!とりあえず空を飛んで避難しなきゃ!!」フワーッ

ガラガラガラ…

ノダミキ「あーぁ。山が崩れちゃった。この山に眠る魔法のダンボールを手に入れるはずだったのに…。あ、万年おねーさんどうしよ!?………魔法の指輪渡したし、大丈夫だよね?魔法のダンボールは一度国に戻ってゴーレムちゃん達連れてきて探してもらおう。」スィー

そう言うとノダミキは空を飛んで自分の住んでいた隣の国に飛んで行きました。
さぁ、大変です。果たして万年さんはどうなってしまったのでしょうか?

201 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/03/21 22:29:22 ID:zkAPkbK4CW
るん「………。」
万年さん「………。」

二人((し、死ぬかと思ったーーー!!!))

るん「ご主人様、すごい時に呼び出してくれましたね。」
万年さん「いや、その。本当に申し訳ない!!親戚の野田さんからダンボールを取ってくるように言われたんだけど、まさかダンボールを動かしたら罠が作動するなんて思わなくて…。」
るん「ダンボール…?ってあぁーー!!それ魔法のダンボール!」
万年さん「えぇ!?魔法のダンボール!?」
るん「そのダンボールを擦ると中からダンボールの精が出てきてどんな願いでも叶えてくれるんだよ。」
万年さん「どんな願いでも!?なるほどだから野田さんはこのダンボールをとってきて欲しかったのか。」
るん「でも叶えられる願いは一人につき3回までなんです。ちなみに私は一人一回だけなので、これで失礼します。詳しくはダンボールの精さんに聞いてください。じゃあさよなら〜。」ボワン
万年さん「あ…、消えてしまった。どうしよう。この瓦礫の山の中から自力で帰るのは不可能に近い。でも叶えられる願いは一人3回まで…。えぇーい!背に腹はかえられぬ!ゴシゴシゴシ!」ゴシゴシ
>>202「お呼びでしょうか?ご主人様。」ボワン
万年さん「私をこの瓦礫の山から出して家まで帰してくれ!」

ダンボールの精>>202
参戦済み未登場のキャラ安価

202 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/03/21 22:30:31 ID:u6LYgCF2M6
シャロ

203 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/04/12 20:42:26 ID:f8Dmrywj9B
シャロ「お呼びでしょうかご主人様?」

ダンボールの精は何故かメイド服みたいなカフェ店員の姿で現れました。

万年さん「私をこの瓦礫の山から出して家まで帰してくれ!あ!そうだ!ついでにここらで埋まってるかもしれない私の親戚の野田さんも一緒に!」
シャロ「そ、それだと願いが二つになっちゃうじゃない!もう、特別サービスですよ?…って、その親戚の人もうこの辺りに気配を感じないんだけど。」
万年さん「え…?そ、それはもう帰らぬ人になってしまったと言うことだろうか?」ふえぇ
シャロ「そうじゃなくて!多分もう自力で帰っただろうって事!!もう、あなたを家に帰しますよ!」

そう言うとシャロは大きな空飛ぶダンボールに万年さんを乗せ、万年さんのアパートまでひとっ飛び。無事に万年さんはアパートまで帰ってくることができました。

204 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/04/12 20:50:25 ID:f8Dmrywj9B
万年さんをアパートまで送り届けるとダンボールの精はダンボールの中に吸い込まれるように消えてしまいました。

万年さん「ううむ…俄には信じ難いが、どうやらこれは本当に魔法のダンボールらしい。これを使えば私はあと二つまでどんな願いでも叶えることができるのか。」
万年さん(これを使えば人見知りでまともに外出できない自分を変えられるのかもしれない…。いや、そんなことで自分の運命を変えてしまうのは何か違う気もするし…。)

魔法のダンボールを手に入れてから万年さんはそんな事ばかり考える様になってしまいました。ある日、アパートから5キロ離れたコンビニの帰りにお姫様のお出掛け行列に出くわしました。

万年さん(なんて綺麗なお姫様なんだ。///)

万年さんは一目でお姫様の>>205に恋をしてしまいました。

お姫様役安価>>205

205 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/04/12 20:51:43 ID:R34J7vaS8I
ぼたん

206 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/05/07 20:46:26 ID:J/B68v7DKa
続き楽しみ

207 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/05/16 20:49:21 ID:3U9y/0BiUb
更新が滞っており大変申し訳ございません。

現在私生活で色々あって中々思うように更新ができない状況にあります。

5月中に更新できればと思ってはいるのですが何卒もうしばらくおまちください。

208 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/05/16 20:51:36 ID:k5SUtJdj.U
期待しております

209 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/05/31 23:24:14 ID:aeV7K8BSJp
万年さん「うーん…。あのお姫様のことがどうしても忘れられない。しかし、庶民の私など相手にしてもらえないだろうしなぁ…。魔法の段ボールか…。そ、相談だけならタダのはずだよな。」ゴシゴシ
シャロ「お呼びでしょうか?ご主人様。」
万年さん「あの、願い事ってほどではないのだが、少し相談に乗ってもらえないだろうか?」
シャロ「相談?まぁ、聞くだけならいいですけど。」

万年さんは自分が色々あって引きこもりがちになってしまったことと牡丹姫に一目惚れしてしまったことをシャロに相談しました。

シャロ(身分違いの恋ね…なんだかほっとけないわ。)
シャロ「そうね。なら私の魔法でご主人様を大金持ちの大貴族にするって言うのはどうですか?そうしてたくさんの贈り物を持って挨拶に行くんです。」

210 名前:滝川初瀬[age] 投稿日:2021/05/31 23:37:45 ID:aeV7K8BSJp
万年さん「なるほど。し、しかし例え大金持ちになっても宮殿に行って王家の人達とお近づきになるなど、私にはまだハードルが…。」
シャロ「なら、お手紙を送るのはどうですか?」
万年さん「おお!それならできるかも知れない。早速お願いします!!」

こうして万年さんは大金持ちの大貴族になり、早速牡丹姫に送る手紙を書き始めました。

拝啓
はじめまして、私はこの国に住む大金持ちの貴族です。
姫とお近づきになりたく筆を取りました。
その印にささやかながら贈り物を送らせていただきます。
お返事をお待ちしております。
___________________万年大会

万年さんはこの手紙と一緒に王様への献上品と牡丹姫への贈り物として豪華な宝石の装飾が施された最高級の>>211を贈りました。

万年さんが送った牡丹姫への贈り物安価
>>211

211 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/05/31 23:49:00 ID:fnFelZVvH3
食器類

212 名前:きららBBSの名無しさん[age] 投稿日:2021/06/17 19:42:07 ID:Ok2qiJwoXm
続き楽しみ

< 123
▲▲▲全部▼▼▼戻る
名前 age
コメント
画像ファイル


やるデース! > きららBBS > SS

- WEB PATIO -